2014年06月05日

ルネサンスの鈴木悠介は面白い!

【解説】アセットアロケーション:金利、株、為替はぴったりと関わり合っており、全ての動きから目を離さないことが一番大切。投資しようとする商品だけではなく、他の商品にも必ず資産を分散して失敗のないように投資する方法が不可欠です。
【株式】「投機」の仕組み⇒株式を発行している企業の内容などとは何も無関係の取引である。上がれば売り、下がれば買うを繰り返すことだけでキャピタル・ゲイン(capital gain)という売買利益が目的の株式投資の手法ということ。
タンス預金⇒インフレの局面では、物価が上昇した分だけ現金は価値が下がるという仕組み。当面の生活に準備しておく必要のないお金なら、タンス預金ではなく安全なうえ金利が付く商品で管理した方がよいだろう。
【説明】金融商品の基礎。日本の法令では、有価証券の発行・売買などについて規定した金融商品取引法(金商法)の条文によって、定義された考え。有価証券だけではなく外貨取引・金融デリバティブなどを包含している。
ゆうちょ銀行(株式会社ゆうちょ銀行)が取り扱っているサービスは法律上、郵便貯金法(平成19年廃止)の規定に基づく「郵便貯金」と異なる、銀行法(1981年年6月1日法律第59号)による「預貯金」を根拠とする商品ということ。
【金融の基礎】金融機関はご存じのとおり、金融取引などに関する業務を行う企業だ。これはせまい意味ではいわゆる銀行などの預貯金取扱金融機関だけのことを言うが、広義では保険会社や証券会社、ノンバンクも含む。
統一された基準による金融機関格付の果たしている役割は、端的に集約すれば、「複数の情報の比較できない部分をなくす」という効果により「金融市場の取引を円滑にする」ことなのである、と断定可能です。
なんといっても金融システムこそが経済における最重要な動脈と同じなのであって、我が国の経済の変革や活性化のため、そのうえ不良債権問題の解決と構造改革を達成させることができる、より強固で安定的な新しい金融システムの構築が最重要である。
よく聞くコトバ、デリバティブについて。従来からの金融取引、実物商品、債権取引の相場の変動が原因のリスクをかいくぐるために生み出された金融商品である。とくに金融派生商品と呼ばれることもある。
将来を見据え日本国にある銀行等は、強い関心を持ってグローバルな金融市場や取引に関する規制等の強化も考えて、経営の強化だけにとどまらず合併・統合等を含めた組織再編成などまでも活発な取り組みが始まっています。
15年近く昔の平成10年12月、総理府(現内閣府)の外局として国務大臣を長にすることとした機関である金融再生委員会を設置し、金融監督庁(金融庁)は2001年の金融再生委員会廃止・中央省庁再編までの間、その管轄下に3年弱据えられたことになる。
【基礎】日本経済は当然、さらに世界経済を把握するには、金融及び経済の基本である株と金利さらに為替をつかむ事が不可欠なのである。なぜなら株価と金利と為替は非常に複雑に関わりあっているからなのだ。
【常識】金融機関の基礎。金融の取引に関する事業を営んでいる企業のことを言う。一般的に狭義にはいわゆる銀行などの預貯金取扱金融機関のみですが、逆に広義には保険会社や証券会社、ノンバンクも含む。
【常識】カバード・ワラントの中には、ゴールドマン・サックスが取り扱っているeワラント(対象原資産を証券化した金融派生商品)であったりポケ株ワラント(株そのものを買うのではなく株を売買する権利)などの分かりやすい商品があり、基本的には少ない資金から投資可能な特徴が大きな魅力なのである。
【空売り】「投機家」または「トレーダー」が常識的な株式の買いだけではなく、空売りという方法による売りも同時に行うという結果に対し、いわゆる「投資家」は理由がなければ、買い注文からだけで入るものである。。

【学習】テレホン・マーケット(特定の場所に不特定多数の取引主体が集まって行う取引ではなく、取引主体間の意思疎通が電話連絡で行われて取引が成立するマーケット)のうちよく知られた市場の例では、インターバンク市場(金融機関が相互の資金の運用と調達を行う特殊な市場。取引に参加できるのは金融機関に限定され、資金の出し手、取り手の間を短資会社が仲介している)としてご存じの外国為替市場(外国為替取引が行われる市場。外為市場とも)や銀行間取引である1年未満の資金貸借を行う短期金融市場であるコール市場がある。
小惑星探査機「はやぶさ」の帰還が話題になった2010年9月10日、日本振興銀行が破綻(民事再生手続開始)という事態に陥った。このことによって、史上初のペイオフが発動した。これにより、日本振興銀行の全預金者の3%程度とはいうものの数千人を超える預金者が、上限適用の対象になったと推測されている。
平成20年9月に起きた事件。アメリカの最大手投資銀行のひとつであるリーマン・ブラザーズが前触れもなく破綻したのである。この事件が歴史的な世界的金融危機のきっかけになったのでその名から「リーマン・ショック」と呼ぶようになったと言う事情なのである。
まず投資とは、経済的な意味で、未来の資本(収入・生産能力)などを増加・補強させるために、現時点で資本投入する活動を意味するのだ。ただし、広義においては、自己研鑽や人間関係についても使われます。
【ポイント】ケインズ経済学(ジョン・メイナード・ケインズの論文を出発点に展開された経済学)における理論では、投資(investment)はその後の追加投資で予測される利潤率(利益を得られる率)が資本家が融資を受ける利子率と並ぶまで実行されると考えられています。
タンス預金⇒物価が上昇中の(インフレ中の)局面では、インフレの分お金の価値が下がるという現実。すぐには暮らしに必要なとしていない資金なら、安全で金利も付く商品で管理した方がよいだろう。
【解説】金貨:代表的なものではカンガルー金貨(純度99.99%以上)、メイプルリーフ金貨(現在は純度99.99%以上だが1979年から1981年発行のものは99.9%)、イーグル金貨(米国発行)、時価6千万円の金貨を発行したことで有名なウィーン金貨(ウィーン・フィルがモチーフ)など信用できる金貨の購入で資産を積み立てる方法のこと。
金融商品取引業協会の一つ、日本証券業協会では、協会員(国内にあるすべての証券会社および登録金融機関)の行う株券や債券など有価証券の取引(売買等)を厳正、さらには円滑にし、金融商品取引業界全体が堅実なさらなる振興を図り、投資者の保護を目的としているのだ
つまりデリバティブっていうのは伝統的・古典的な金融取引、実物商品及び債権取引の相場が変動したことによる危険性をかいくぐるために実現された金融商品全体である。とくに金融派生商品ともいうのだ。
【投資】金地金について⇒本物の金を扱わない純金積立のような方法ではなく、純金の現物(金地金)を身近な純金販売業者(地金商、鉱山会社、銀行、証券会社、商社等)が売買する。なお、500g未満の地金(1kgの純金は約380万円:2010年)には加工手数料がかかるため、通常は500g以上をまとめて購入します。
【ポイント】株式累積投資:株式をあたかも積立のように一定間隔で購入もすることができる株式累積投資(略称は「るいとう」)は、株の価格の激しい動きを抑制できるドルコスト平均法を利用しているので、購入価格をうまく平均化することによってリスクを減らすことができる。
【解説】FX(外国の通貨の売買で利益を得る取引:外国為替証拠金取引)はささやかな資金の預入しかしていなくても大きな金額も取引可能です。儲けられる金額が大きくなるのと同じように損失もすごい金額になる可能性があり、まさにハイリスク・ハイリターンの商品である。
普通、株式を公開している企業の場合であれば、運営のための方策として、株式の公開以外に社債も発行するのが一般的。株式と社債の一番大きな違いは、返済義務ですからご注意を。
【経済用語】ネット証券が登場したことで取引の際の売買の手数料は、このごろはなんと数百円くらいまで低下し、簡単に誰でも取引とか情報収集が不可能ではない時代になった。
【常識】J-REIT:投資信託・投資法人の設定等を定めた、投資信託及び投資法人に関する法律(投信法)に定められた取り扱いで定義される。J-REIT(ジェイ・リート)の業務形態としては、投資信託 (※2007年現在では選択されていない)および投信法に基づく投資法人(上場されているものは現在すべてこの形態)の二つの形態が存在する。
  


Posted by ふんぶほ at 21:37Comments(0)